カビの防止

いつの間にかカビが生えていることもあります

そろそろ明るい色の洋服や鞄が、恋しい季節になりました。女性であれば、夏は白い鞄を持ち歩く方も多いでしょう。昨年の夏の終わりに、その鞄たちはどのようなお手入れをして保管しましたか。何もお手入れせずに、そのまま箱に入れたのであればカビが生えている可能性もあります。押入れなど湿度の高い所で保管すると、カビの原因になるようです。又、カビとはいかなくても日焼けによる変色や、手垢などの皮脂汚れによる変色が進んでいるかもしれません。臭いも気になるところです。 しかし、皮革製品を自宅で洗う訳には行きません。革は水が苦手です。雨にあたっただけでシミになります。又、日焼けなどで退色したものはもうダメなのでしょうか。 そんな、汚れや退色、臭いなどは鞄クリーニングに出せば、すっきり解決します。

汚れだけでなく、色落ちや擦り傷も補修できます

鞄クリーニングは、専門業者や衣類のクリーニング業者、皮革製品の修理業者などさまざま店が取り扱っています。これらの業者では、特殊な洗剤を使い、手作業で丁寧に洗浄していきます。皮革製品は熱や摩擦に弱いため、専門知識のあるプロの手で行わないと、かえって革を傷めてしまいます。そういったプロの手で洗浄、艶だしなどを行います。退色した部分の補正や、擦れた傷などの補修も同時に行うことができます。 こうした手入れをすることで、鞄はよみがえり、長く使うことができるのです。革は使いこむほどに手になじみ、柔らかな風合いも出てきます。定期的にクリーニングをすることをお勧めします。 クリーニングには2週間程度かかるようです。今出せば、夏が来る前にはきれいな鞄になって戻ってくるでしょう。